月極駐車場経営をする

月極駐車場経営をするメリット

月極駐車場経営をする際に必要な事

駐車場経営をする際の異なるメリット

駐車場経営には月極駐車場経営とコインパーキング経営の2つに大きく分ける事ができ、それぞれのメリットが異なります。月極駐車場の経営の中にも3つの種類に大きく分ける事ができ一つは、駐車場を借りる人の募集から賃料の回収まですべて自分で行う方法があります。もう一つが募集や賃料の回収を全て業者に委託すると共に、トラブル時の対応なども全て手数料を業者に支払って委託する管理委託方式があります。そして一括借上方式と呼ばれる方法では駐車場が満車の状態がそうでないを問わず、契約した業者から土地の所有者に対して毎月一定額が支払われます。この方式の場合には駐車場の稼働状況で収入が変わるリスクはないものの、業者に管理委託よりも高い手数料をしはらう必用が生じます。どのような経営方法が最適であるかをしっかりと判断する事によって、無駄な費用をかける事無く駐車場経営をする事が可能になります。

コインパーキング経営をする際のメリット

コインパーキングを経営する場合には精算機であったりロック版などの専用の設備を用意する必要があり、すべてを自分で管理する事は難しく業者に委託する事になります。設備の設置は業者にすべて委託するか自分で設置するかによって必要になる費用が異なってくるので、初期費用を抑えるのであれば自分で設置する事になります。コインパーキング経営の場合にも月極駐車場の一括借上方式のように毎月一定の地代を受け取る事ができる土地賃貸方式がありますが、自己経営方式より収益が減ります。初期投資は月極駐車場の場合もコインパーキングの場合も設備をどれだけ充実させるか、どこまで業者に委託するかによって大きく異なってきます。

短期間で事業を始められるメリット

月極駐車場を経営しようとする際は、建築物を建てたりする時間や費用をかける必要が無いのですぐに事業を始められるメリットがあります。使わなくなった土地がある場合には尚更はじめやすいメリットがあり、簡単な設備で良ければアスファルト舗装をしたりロープで仕切るだけでも経営を始める事ができます。また月極駐車場を経営する際に銀行から融資を受けるのであれば、しっかりとプランを立てて返済計画を考える必要があります。土地代金を銀行からの融資によって賄うのであれば、どれくらいの台数の車を駐車させる事ができてどれくらいの賃料をもらう事ができるのかを計算する事が必用です。近隣の駐車場の賃料がどれくらいなのかリサーチをすると共に、駐車場として借りてくれる世帯をしっかり確保できるのかどうかを把握する事が大切です。

人気記事ランキング